■フィルムインサート

様々な加飾シートとの組み合わせにより、従来には無かった表現が可能になりました。

①高精細印刷

従来の125線から約2.5倍の300線の印刷が可能になり、より鮮やかでなめらかなグラデーション表現が可能です。4色カラー分解の印刷も従来より幅広い表現が可能です。

②ブライトエンボス加工

今までのテクスチャーより細かく、輝きを持ったエンボス加工。任意のパターンから柄を選択、部分的なエンボスパターンの組み合わせも可能です。

③部分蒸着加工

3D形状に追従するSn金属膜をカタニ産業のホットスタンプ技術で加飾フィルムに転写。Sn膜は金属でありながら電波干渉を防ぐ機能を持っています。

④部分ホログラム加工

ホログラム箔で箔押しすることでホログラムの部分加工を可能にしました。高精細印刷と組み合わせることでカラーホログラムのパターンも表現も可能になります。

⑤金箔加工

伝統の金箔もインサート加飾フィルムに。工芸品でしかできなかった意匠をプラスチック製品で表現することに成功しました。
「かなざわカタニ」の金箔を使用しています。

⑥メタリックシート+ブライトエンボス加工

成形性のあるメタリック意匠シートにブライトエンボス加工。金属光沢とエンボステクスチャーの組み合わせも可能です。

⑦ハーフミラーシート+ホログラム加工

ハーフミラーシートにレンズ調のホログラムの意匠をプラス。

⑧ヘアライン

ヘアライン加工と印刷を組み合わせ。3D形状へのヘアライン表現も可能です。